読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

おしり警報。 この痛みの原因を突き止める!

{久しぶりにきたこの立ち上がるときのピキッとくる痛み。このままずっとイスに座ったままでいれたらいいのに。}



f:id:lunasaurus:20130817091832j:plain
※お食事中の方はご注意ください。



西野さんと一緒に住んでいた頃に起きた私の「おしり」の異変の話。


仕事を辞めてから、毎日おうちでゴロゴロしていた。リビングにはソファーが置いてあって、そこに西野さんが仕事から帰ってくるまでずーっと座ったり寝っ転がってばかりいた。


丁度こんな感じのローソファー。
もちろん1万円弱の安物。そんな安物のローソファーを使っていると起こることはただ1つ。


f:id:lunasaurus:20130817091612j:plain
ソファーがへたるorz
どうしても安物だと私のおしりに耐え切れずに座るところがヘタってきてしまった。部屋の床はフローリング。そんなところに約1ヵ月間、ほぼ1日中座っていると私の肉厚のおしりでも対処できぬ事態に陥った。

ある日ソファーから立ちあがろうとおしりに力を入れると、鋭い痛みが私の肛門付近を襲った。


!?


こんな痛み初めて。
f:id:lunasaurus:20130817093603j:plain

じゃなくって、何なんだこの痛みは!
今までこんな激痛が私のおしりを襲ったことなんてなかった。

そこで私は痛みをこらえながら頭に思いつく限りの痛みの原因を考えた。


考えられる原因 その1『痔』

もうすぐ24歳になるレディーの私は『痔』なんて言葉を発言することさえいとわない。なぜなら幼少の頃にこの『痔』との戦いを制した経験があるからだ。

小学4年生の頃に私は切れ痔になった。野菜などの食物繊維をとって対処しようとしたが、なかなか排便時の出血と痛みはおさまらず、私は母と共に病院に行くことを決意した。
しかし純粋だった私は『痔』を持つ患者がどのような診察を受けるかなんて知る由もなかった。

病院の待合室で名前が呼ばれ、母と共に診察室へと入っていくとそこには50代くらいの男性医師がいた。
「切れ痔が治らないんです。」恥じらいもなく医師に告げた私は、そばにあるベットに横になるようにと言われた。
医師の言葉通りにベッドに横になった私は蛍光灯の下で医者におしりを向ける形で横になった。
「じゃあ、おしりの中調べますね〜」そういって医療用のゴム手袋を装着した医者の指が私のおしりの穴へと侵入していった。
カーテンなどの仕切りが無かった為、もちろん私の母もその場にいた看護婦さん達にも私のおしりは丸見え。私の羞恥心は頂点に達した。

暫くして医者の指が私のおしりの穴から抜かれ、「切れ痔ですね、薬出しときますね。」そう淡々と告げられた。
そんなの最初っから分かっていたし、正直ボラギ◯ールを利用していれば治ったのではないかと思ってしまった。結局、指の入れられ損な気がする。

そして、私はその時からおしりの穴でしか感じられないカラダに…………はならずに済んだ。

話がだいぶ逸れてしまったけれど、今回の一件はおしりの中の痛みというよりも、尾骶骨に痛みが走る感覚で『痔』を患った時とは全く違う痛で出血も見受けられないので、まず『痔』では無い事は確かだろう。

考えられる原因 その2 『坐骨神経痛

「お尻が痛い」でYahoo!検索するとこの病名が沢山出てきた。坐骨神経痛って耳にした事はあったけれど、どんな症状か詳しくは知らなかったので調べてみました。

座骨神経痛は、何らかの原因(疾患)によって坐骨神経が刺激され、
座骨神経が通る領域(臀部から太もも、ふくらはぎなど非常に広範囲)に
生じる痛みや痺れといった症状そのものを指す名称です。

<症状例>
・腰の痛み、臀部の痛み
・臀部、太もも裏、足の痛み・痺れ
・痛くて座っていられない
・前にかがめない、体を後ろへ反らすことができない
・体を動かすと痛みやしびれが悪化していく
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足を触ると感覚が鈍くなっている

多くの場合は、左右どちらかの臀部や下肢に症状が出ますが、
両方に症状が出る場合はより重症である可能性があります。

座骨神経痛と症状 : 座骨神経痛って??座骨神経痛の症状・原因と治療

色々と症状はあるみたいですが、私はこの中の「腎部の痛み」という項目しか当てはまらないので、坐骨神経痛の可能性は極めて薄い気がします。


じゃあ、この痛みは何なんだよっ?!って事で



考えられる原因 その3 『仙骨滑液包炎』

読み方は多分「せんこつかつえきほうえん」で、この症状が1番私の症状と合致してる気がします。

仙骨は腰椎の土台となる骨で、
その先の部分は尾骨と呼ばれ、尻尾のようになっています。
f:id:lunasaurus:20130817111108j:plain
上の図の赤丸で囲んだ部分が痛みの出る部分です。
ですので、この症状の患者さんは「尾骨が痛くなった」と思っておられる方が多いのです。
この部分は座った時にちょうど椅子や床にお尻が当たる部分です。
長時間座り続けると、硬い骨と皮膚の間で炎症がおきて、
「仙骨滑液包炎」が起こります。

仙骨滑液包炎(お尻が痛い…)

ええ、もうそりゃ長時間座り続けてましたよ。同じ体勢で。

実際の患者さんの例をご紹介します。
大学生の女性の方ですが、
毎日6時間ぐらいパソコン入力をされていました。
1か月前から、ソファーや電車の座席などに座ったときに、
お尻が椅子にふれると痛みを感じておられました。

実際に痛い場所を確認するために座っていただくと、

f:id:lunasaurus:20130817111556j:plain
後ろにもたれるようにすると、↑の先の部分に痛みがありました。

仙骨滑液包炎(お尻が痛い…)

まさに、この体勢をすると激痛が走ります!先生!

仙骨尾骨部での滑液包炎は、
座り方の指導をすることで治ってしまいます。
逆にやわらかい座面が良いからといって、
ソファーなどにもたれかかってしまうと、
かえって尾骨先端部分に体重がかかり、
尾骨とソファーの間の部分に圧迫が強くかかります。

尾骨骨折して痛みが再発したとか、
お尻の痛みがなかなかとれないなどという場合には、
一度「仙骨滑液包炎」を疑ってみてください。

また、そういう場合には、
なかなか相談しにくい部位ですが、
一度整形外科を受診されることをお勧めします!

…分かりました。「お尻が痛いんです」なんて私が言ったら「まさか…痴女?」なんて思われかねませんが、勇気を出して整形外科に行ってみようと思います。

実はこれの記事を椅子に座ってパソコンで打っていたのですが、あまりの痛さにiPhone・オン・ザ・ベッドに変更しました。
こんなんじゃ事務仕事とかは絶望的だ。

皆さん、おしりは大切にね!