読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

誰でも簡単にInstagramで『ミニチュア写真』を撮る方法【前編】

日常 iPhone 写真

{こんなに暑い日は自宅警備に限る。}

f:id:lunasaurus:20130819143038j:plain

今回は言わずと知れた『Instagram』という無料アプリを使って、自分で撮った写真を『ミニチュア写真』に加工する方法をまとめてみました。
私は普段から一眼レフで写真をバシバシ撮ったりだとかするわけでもなく、ましてや写真用語の「露出補正*1」なんて言葉の意味すら全く知らないような写真に関してはただのド素人です。

あくまでも、私みたいな知識の無いド素人でも『Instagram』を使えば、お金もかけずに楽しく『ミニチュア写真』のものが撮れますよという内容なので、普段から写真に携わってらっしゃる方からしたら目くそ鼻くそのような内容に感じるかもしれませんが、そこは温かい目で見守ってください。ジャンピング土下座!



そもそも、私がこの記事を書こうと思ったのは自分が書いたブログに貼りつけていたこの1枚の写真がきっかけでした。
f:id:lunasaurus:20130812115219j:plain
西日本の車窓から。(夫婦別姓を考えてみた) - 24、♀、NEET脱出(予定)

この写真を見て下さった方からこんなコメントを頂きました。

id:psan_diary

なんですかこの写真、ミニチュアみたいに写ってる、ヤバい!

このコメントを見て、「おおそうなのか!これがミニチュア写真みたいに見えるんだ!」と思った私はInstagramで試行錯誤しながら写真を撮りまくりました。
その結果がこちら。帰省ダイジェスト - 99.5%写真のみでお送りします。 - 24、♀、NEET脱出(予定)
試行錯誤とはいったものの、2,3枚ほどしか載せてませんが…

しかし、この写真を見てくださった方から

ひのまる (id:hinomaru)

こんばんは!☆ありがとうございました。
ミニチュア写真、本当に素敵ですね、いろいろ調べてみたのですが、Instagramだけでもできるものですか?(もちろん、それっぽい写真が撮れないといけないとは思いますが)
もし差し支えなければ、どんなふうに加工したか記事にしてもらえたらうれしいなーと思います。

とのコメントを頂き、今回の記事を書こうという経緯に至ったわけです。



ちなみに今回の記事のトップ画像は同時期に田舎で撮ったものです。
f:id:lunasaurus:20130819141314j:plain
実はこの画像が今まで撮った中で一番ミニチュアっぽいような気がするので、今回はこの画像をもとに説明していこうと思います。



では、まず初めに

『ミニチュア写真』とはなんぞや?

私もつい1ヵ月前くらいに『ミニチュア写真』というものの存在を知りました。丁度、バラエティ番組でミニチュア写真を撮ろう!というコーナーを見て初めて知りました。
その時は「ふぅん、面白い。まあでも高いカメラが無いと撮るのは無理じゃん。」と興味は持ったけれど、自分には縁がないものだろうと思っていました。
『ミニチュア写真』とは以下のようなものです。
f:id:lunasaurus:20130819152308j:plain
出典livedoor

f:id:lunasaurus:20130819153321j:plain
出典Little game | Flickr - Photo Sharing!

とても可愛らしいですよね!普通の写真には無い独特の雰囲気と味があります。テレビで取り上げられるのも納得。


どうやって撮るの?

そこで実際にカメラを使って『ミニチュア写真』を撮る方法を調べてみました。

ミニチュア風写真の撮影方法&レタッチ再現方法のまとめ: DesignWorks Archive
■ミニチュア風写真を撮影するために
まずミニチュア風写真を撮るためには、シフトレンズが必要で、このレンズにはティルト機構がありレンズを傾けて差杖する事ができます。
これは主に建築写真等を撮影するために作られたレンズだそうで、これを用いる事で手前から奥までピントを合わせた写真をとる事ができるそうです。
それを利用して、逆に一部のみピントを合わせてとる事ができ、この逆ティルトで撮影したとき、一部にだけピントがあって周囲はボケるという写真が撮れ、独特の雰囲気の写真となります。

f:id:lunasaurus:20130819153451j:plain
Arax Photo | Specials | ARAX 2.8/35mm Tilt & Shift lens.

しかしティルトレンズはかなり高価な物で、常用レンズと言う訳ではないので、購入に踏み切るのは勇気がいります。
上記のレンズはウクライナのレンズメーカーで$587(およそ7万円前後)です。
ちなみに国産メーカーで代表されるレンズはCanonから発売されている「TS-Eレンズ」でお値段は45mmの「TS-E45mm F2.8」で定価175,000円(実売140,000円ぐらい)となっています。

この様にカメラに取り付けるお高いレンズが必要になってしまいますので、どうしてもお金がかかってしまいます。NEETの私には到底無理な話です。



しかし、ここには私が思う『ミニチュア写真』の撮り方の最大のポイントが隠されています。

一部にだけピントがあって周囲はボケるという写真が撮れ、独特の雰囲気の写真となります。

という部分です。


こちらのミニチュア写真をご覧ください。
f:id:lunasaurus:20130819154352j:plain
出典ミニチュア風写真 : 素晴らしいミニチュア風写真 - NAVER まとめ
上下の部分がぼやっとしていて、真ん中の部分にだけピントがあっている状態になっていますよね?

ということは…この加工を施す事が出来れば、いろいろな写真を『ミニチュア写真』にすることが出来るのです!



そしてそれを今回実現させてくれたのが、私のiPhoneの中にダウンロードされている『Instagram』なんです。
f:id:lunasaurus:20130819161237j:plain

Instagramの使い方等に関しては、
Instagram ヘルプセンター(日本語)
【5分で分かる】Instagram(インスタグラム)の使い方:写真投稿方法 | やなしゅうブログ
こちらを参考にしてみてください。



今回本当は1つの記事にまとめたかったのですが、
おしり警報。 この痛みの原因を突き止める! - 24、♀、NEET脱出(予定)
こちらの記事に書いたように、今まさに私のおしりが悲鳴を上げているので、実践編は【後編】で詳しくお伝えしていきたいと思います!
では、また後ほど!

*1:露光不足を補うこと。AEでは作画意図が狂ってしまうときに行う。