読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

エジソンの名言「天才は1%のひらめきと99%の汗」を検索エンジンに例えて考察してみた。

日常 考える 英語 戯言


このクッションとても優秀です。
地べたに座ったら痛い私のお尻でも全然痛くない。
お値段も¥1,000くらいとお求めやすい価格なのに、1つだけしか買ってきてくれなかった父。
でも、私の好きなムラサキ色だから許す。


エジソンの名言


TVアニメ『Free!』 4Fr WEB版予告 - YouTube

動画のサムネがいきなり男性の股間部分でスイマセン。


作画が美しくて有名な京都アニメーション制作、「Free!」の第4話で天ちゃん先生が引用した言葉

「天才は1%のひらめきと99%の汗


Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration.
トーマス・エジソン

この言葉が気になった。

エジソンの熱心なファンである浜田和幸の説によると、
この言葉は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」との意味であるという。
その説がTVで紹介され、ネットでも誤訳であるという説が一般的になっているが、
実際は現代アメリカでも「天才には努力が必要」の意味で用いられている。

トーマス・エジソン - Wikipedia

私は浜田和幸さんの説も間違いではない気がする。同じ日本人だからっていう贔屓とかじゃなくて。


いくら才能のある天才でも「1%のひらめき」が無かったら、それまで行ってきた実験だったり訓練だったり、何らかの形で行ってきた「99%の努力」というモノの芽が出ないままで終わってしまう。

そう、「失敗」に終わるのだ。

その時の「99%の努力」は無駄であるとエジソンは言っていると浜田和幸さんは論している。


また仮に、その天才に「1%のひらめき」があったとしても、「99%の努力」を怠れば、成功は成し得ない。

そして、「失敗」に終わってしまう。こちらが現代アメリカ側の主張だ。



インターネット検索の例

エジソンとは全く関係ないけれども、google先生やyahoo!などの検索サイトを例に挙げてみる。

よく頻繁に検索サイトなどで利用されている検索方法は、

  • AND 検索
  • OR 検索

この2つ。私もよく利用する検索方法なんだけれども、この検索方法にエジソンの名言を解読する糸口を発見した。


こちらをご覧頂きたい。

f:id:lunasaurus:20130917033707p:plain
全文検索式の検索サービスでは,論理式を用いたより効率のよい検索を行うことができます.複数のキーワードに対して,AND検索,OR検索,NOT検索を行うことによって,効果的な検索を行うことができます.

- AND検索
AND検索は,keyword1 AND keyword2のように入力し,2つのキーワードがともに含まれるページを見つけます.検索結果を絞り込むことができます.

- OR検索
OR検索は,keyword1 OR keyword2のように入力し,2つのキーワードのうちどちらかが含まれるページを見つけます

OR検索は,例えば1つのものに2つ以上の名前があり,その両方を網羅した検索を行いたい場合に使います.湘南藤沢キャンパス OR SFCと入力すれば,湘南藤沢キャンパスという呼称が使われているページも,SFCという略称が使われているページも検索することができます.
IPL Text 6-3

つまり、AND検索はキーワード全てを含むものの検索結果で、
OR検索は、いずれかのキーワードが含まれる検索結果だということ。


ここで、エジソンの名言に戻る。

「天才は1%のひらめきと99%の汗


Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration.
トーマス・エジソン


ここの英文に注目したい。

Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration.

ここでエジソンは「AND」という言葉を用いている。


そしてこの部分がヒントになっている。

inspiration:ひらめき、霊感、啓示など。
インスピレーション - Yahoo!百科事典

   AND

perspiration:汗をかくこと。発汗。また、汗をかくほどの奮闘・努力。
「パースピレーション【perspiration】」 の意味とは - Yahoo!辞書


Inspiration(ひらめき)をkeyword1と仮定し、Perspiration(努力)をkeyword2と仮定してみる。

そして、もう一度「AND検索」を振り返ってみましょう。

【図1】
f:id:lunasaurus:20130917033707p:plain

AND検索は,keyword1 AND keyword2のように入力し,2つのキーワードがともに含まれるページを見つけます

これをエジソンの言葉に置き換えてみると、

keyword1のInspiration(ひらめき)とkeyword2のPerspiration(努力)が重なった赤い部分が


Genius(天才)なのです。


ちなみにこの【図1】の図形。どこか見覚えのある方もいるのではないでしょうか?

【図2】
f:id:lunasaurus:20130917044543p:plain
高等学校数学A 集合と論理 - Wikibooks
そう、高等学校の数学Aで習う「集合と論理」という単元のモノと同じなんです。
当時、私はこの単元が大嫌いでした。

【図1】のAND検索の図形で赤く塗られている部分は、【図2】で紫色に塗られている部分ですね。

【図2】では「A ∩ B」と書かれています。

2つの集合A,Bがあるとき それらの両方を満たす集合をAとBの積集合と呼び、 A ∩ B と書く。
積集合は2つの集合の要素の共通部分である。
高等学校数学A 集合と論理 - Wikibooks


Aを「ひらめき」として、Bを「努力」として表すと、

天才=ひらめき ∩ 努力
という具合になります。なんかシュールですね。

こんな風に、言葉を数学の集合式で表せるなんて面白い。なんて思うのは私だけでしょうか…?




これがもし、ANDではなくORだった場合、

Genius is one percent inspiration OR 99 percent perspiration.

1%のひらめき」か、「99%の努力」かのいずれかがあれば、「天才」ということになってしまいます。


つまり、ANDで表現されているエジソンの言葉の中では、

天才」であるためには「1%のひらめき」と「99%の努力」が絶対条件となっているのです。


この「1%のひらめき」と「99%の努力」の両方を兼ね備えている人こそが,
モノホンの「天才」というわけですね。


なので、

「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」

という浜田和幸さんの言葉と

「天才には努力が必要」

というアメリカの現代社会は両方とも間違いではないと私は思います。

1%のひらめき」と「99%の努力

この2つが揃って初めて、エジソンが思う「天才」は完成するのですから。


まあ実際のところエジソンがこの世にはもう居ないので、言葉の真意を確かめられないのがちょっと残念です。




エジソン 魔術師といわれた発明王 (学習漫画 世界の伝記)

エジソン 魔術師といわれた発明王 (学習漫画 世界の伝記)

エジソン (ポプラ社文庫―伝記文庫)

エジソン (ポプラ社文庫―伝記文庫)