読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

昔好きだったブロガーの衝撃の"なぅ"

日常 世の中

最近、昔見ていたサイトのことが書いてある記事をいくつか読んでいたら自分も懐かしくなってしまって、昔書いていたブログの事を思い出した。



私が初めて利用したブログサービスはdblogというもので、株式会社AWALKERが運営するサイトだった。



みんな前略プロフとか作ってたり、モバスペとかで個人ホームページをガラケーで必死に作ってた時代。


懐かしのHTML4.01を駆使して、タグを無駄に使っていた時代にdblogというブログサービスが開始されたとの事で、ブログに興味津々だった私はスグに登録した。


パソコンのブログとか今ではamebloが人気だけど、まだyaplog!が女子の間では強かった当時。


寮生活でパソコンが満足に使える状況じゃ無かった私は、携帯でデザインのレイアウトが出来たり編集できるdblogにのめり込んだ。



はてなのサービスは「ランキング」という順位を位置付けたりすることが無くって、逆に私はそこに魅力を感じるのだけれども


その当時は「ランキング」が全てだった。


みんなブログランキングの1位とか上位になりたくて、
"1位になったら時間限定で顔写真をブログの記事で公開する"なんて宣言してランキングを稼いでた。

今そんなことしたら、2ちゃんねるとかで凄い晒されそうな格好のネタだろうなって思う。


ブログを始めた私も、1位の座っていうのは魅力的だったし憧れた。


ランキングって週一で[IN]と[OUT]がリセットされるから、その時間帯を狙ってクリックして、一瞬だけ1位になる瞬間を楽しんだりしてた。なんて地味な遊び。


dblogには常にランキング上位に入っているブログが存在していて、私は勝手に「dblogの御三家」って呼んでた。


その御三家っていうのが、

  • 眼鏡の極み//伊達っち

この3つのブログだった。


3人とも当時は大学生とか会社員とかで私よりは年上だったけれども、読んでいて楽しいブログだった。


中でも、裕也さんのブログは群を抜いて人気で、他のブログを書いている人とか読者さんたちとオフ会とかまで実行していて楽しそうだった。


裕也さんの書くブログの内容は、自分の生活の中で起きた出来事だったり、創作の話だったり色々だったけれども、どれも面白かった。

面白くって、惹きつけられる文章で、

あ、この人は文章書くの上手だな。

って素直に思えた。



でも、まぁ今も昔も変わらず人気者には誹謗中傷は来るもので、裕也さんは2ちゃんねるに晒されてたりもしてた。

彼はそれでもめげずに面白い文章を書き続けていた。



もともと三日坊主な私は、ブログを半年くらい楽しんだあとに海外へ旅立つ事になって、dblogなんて存在もスッカリ忘れていた。



最近になって他の方のブログを読んでいて、そういえば自分も…なんて思い出して、冒頭にも書いたように懐かしくなったので御三家のブログがまだ存在しているのか検索してみた。



赤い実はじけた//ミキティーさんのブログは、私がまだdblogを利用している時に閉鎖したのを覚えていて、やはり再開はされてなかった様で跡形無しでした。

続いて、眼鏡の極み//伊達っちさんのブログも上に同じく…残念な結果に。


そして、私が1番気になっていたブログ…

東京男パラダイス//石井裕也さん



!!



f:id:lunasaurus:20131007205409j:plain

あ、あったぁーーー!
東京男パラダイス2.0


しかも、気になる記事を発見。

f:id:lunasaurus:20131007205826j:plain

ま、マジですか。


3年経っても律儀に報告しにくる裕也さんも凄いけれども、それに未だに反応する人がいるって事が凄いと思った。

さらに検索を進めると、裕也さんのモバゲーのページを発見。

石井裕也さんのプロフィール[基本情報] - Yahoo!モバゲー
f:id:lunasaurus:20131007213336j:plain

GA文庫っていう有名どころで賞を取られたみたいです。


何気に2冊も出版されてるんですね。



大学生だった裕也さんが作家さんになっていて、


かたや私は海外へ留学して、現在ニート。



いやはや、時の流れは凄まじい。



ソーシャルメディアで伝わる文章術

ソーシャルメディアで伝わる文章術