YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになったりならなかったり。

YESかNOか半分か

残り物のカレーで「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋【カレーVer.】」作ったよ。

SETSUYAQUEST セツヤクエスト 〜節約の冒険者たち〜| ライフネット生命×マネーフォワード×はてな
http://partner.hatena.ne.jp/setsuyaquest
上記のキャンペーンが始まって暫らく経ちましたが、「自分の節約ネタなんか無い」と思っていたので参加する気じゃ無かった私。
しかしながら、思わぬ所でこの「セツヤクエスト」と自らの利害の一致が発生したので、色々とこのトピックについてちょいちょいエントリーを投下していこうと思います。



この「セツヤクエスト」のキャンペーンは、“2013年10月23日(水)~12月8日(日)23:59まで”と比較的長い間エントリーを募集しているキャンペーンです。始まった当初、一つの記事が話題を呼びました。

id:bobcoffeeさんの
一人暮らしでカレーを作るべきではない理由。 - 貧乏人は麦を食え。-bobcoffeeの麦食指南という記事です。
http://bobcoffee.hatenadiary.com/entry/2013/10/24/072930
こちらの記事では、「1人暮らし」でカレーを作るには余計なコストやデメリットがかかり過ぎて、「カレーを1人暮らしで作るべきではない」と書かれています。

以下、id:bobcoffeeさんが挙げる「1人暮らし」でカレーを作る際のデメリットをまとめてみました。

  • 材料費、調理時間(皮を剥く手間etc)、光熱費(ガス代etc)が結構掛かるので、1皿として考えると割に合わない。
  • 一人暮らしの場合、一度に全部を消費することが出来ないので翌日に残ってしまう。
  • 残ったカレーを食べるのに飽きてしまう。
  • 季節によっては、食中毒のリスクがある。


カレーの場合、レトルトで安く売ってるので一人暮らしの場合は
特に食べたい時にレトルトを食べるぐらいでちょうどいいと思います。



私も1人暮らしの経験があるので、id:bobcoffeeさんの仰られる事も一理あるとは思います。

しかしながら、世の中にはカレーを愛して止まない「1人暮らし」の方々も大勢いらっしゃるわけで。
私もカレーが好きな部類の人間なので、よく作り置きして食べていました。


今は実家暮らしの身ですが、我が家では2週間に1度のペースで必ずカレーが登場します。
実家に帰ってきてからというもの、ニートという名の自宅警備員兼、家事手伝いの私が夕飯を作ることが殆どです。当然1人分ではなくて家族5人分を作りますので、一度に大量に作れて尚且つお腹も満たせるカレー、シチュー系は家事をサボりたい時の強い味方です。
恐らく、カレーやシチューがあるお陰で助かっている主婦の方々は全国に大勢いらっしゃるのではないでしょうか?


ちなみに我が家では、牛すじカレーが最近のブームです。ここ2ヵ月ほど、2週間に1回のペースで牛すじカレーを食べています。

まあ流石にそんなに頻繁なスパンでカレーを食べていると、いくら大好きな牛すじカレーでもid:bobcoffeeさんが指摘されている様に「飽き」というものが出てきます。

初日はシンプルにカレーライスとして頂くのですが、なんせ翌日の分もと大量に作るものですから、当然余ります。2日目もまあまあイケるのですが3日目になると、流石にOUTです。飽きる。


しかし、カレーは優秀です。カレーうどん、カレーそば、カレードリア、ドライカレー、カレーコロッケ、カレー鍋etc...カレーは比較的にアレンジし易い料理ですよね。
けれども、そのレパートリーにも限度というものがあります。上記のアレンジ料理は、ほぼ試した事のある私は、自分の頭から捻り出すアレンジの限界に近づいていました。

当然2日目の夜にもなってくると、何かしらのアレンジをしないと我が家の無駄にグルメな父、妹、弟は文句を言ってくるのです。
アレンジ料理なんだから少しぐらい手間暇掛けないと……否!
アレンジ料理だからこそ、お手軽に簡単に、そしてスピーディーなのがいいんです!できれば余計なおかずなんて作らなくて済む、「一品」でお腹いっぱいになるものが更にGOOD!


…そんな都合のいいものがあるものかと、脳みそをフル回転させました。なんせ今日は寒い。寒い日には温かいものを食べたい。冬と言えば「」。でもカレーを溶かしたスープに具材を放り込むだけじゃ芸が無い。色々な材料を買うのも面倒だ。とにかくラクしたい…。


!!

そうだ!アレをカレー風味にすれば…!

という単純かつ、大した工夫もしていない発想で思いついたのが、「ミルフィーユ鍋【カレーVer.】」です。
今年はまだミルフィーユ鍋をしていなかったので、個人的に食べたかったってのもあります。



ご存じ無い方に↓

「ミルフィーユ鍋」とは?

f:id:lunasaurus:20131106001814j:plain
「豚バラ肉と白菜の重ね鍋」の通称。見た目もお味も美味しい一品です。

材料(4人分)
豚バラ薄切り肉 300g
白菜 1/2株(1kg)
ほんだし® 大さじ2(18g)
A水 カップ6(1200ml)
Aしょうゆ 大さじ2
A塩 小さじ1/2
白髪ねぎ 1本分
万能ねぎの小口切り 3本分
しょうがのせん切り 1/4かけ分


【作り方】

  1. 白菜は1枚ずつはがし、白菜と豚肉を交互に4回重ねる。5cm幅に切り、鍋のフチに沿って敷き詰める。これを3~4回繰り返す。
  2. ほんだし®」をまんべんなくふり入れ、Aを加えて火にかける。沸騰したらフタをして煮る。
  3. 火が通ったら白髪ねぎ、万能ねぎ、しょうがを混ぜ合わせたものを上に盛る。

みんなの「ほんだし®」活用術|おいしさいろいろ「ほんだし®」レシピ|「ほんだし®」|味の素株式会社:豚バラ肉と白菜の重ね鍋


今回はこのミルフィーユ鍋の「カレー味バージョン」を作ってみました!

豚肉と白菜のミルフィーユ鍋【カレーVer.】

f:id:lunasaurus:20131105214045j:plain
…まあ、見た目は普通のとさほど変わりませんが、味はカレー風味で美味しいですよ。
今回は一昨日に母が作った牛すじカレーを元に作りました。

ちなみに、分量は測っておりません!全てアバウトです。
料理は舌で鍛えるべし!

材料4人分
白菜 3/4株
豚バラ薄切り肉 600g
A残り物のカレー 400g程度
Aおダシの粉 1.5袋
A醤油 大さじ2杯
A酒 大さじ1杯
Aみりん 大さじ1杯
A水 350cc


ちなみに味の素さんのレシピと比べると、肉の量が倍量というところから分かるように、我が家の住人はよく食べます
今回もこの分量を4人(弟は風邪で戦線離脱)でペロリです。なのでお肉や白菜の量はご家庭それぞれに合わせてくださいね。
あと、豚バラの薄切りでなくても豚の薄切りのお肉でしたら、何でも合うと思います。今回はロースの薄切りもミックスしました。

【作り方】

  1. 白菜は1枚ずつはがして、白菜と豚肉を交互に4回重ねます。重ねたものを5cm幅に切っておきます。ここまでは味の素さんの工程と一緒です。
  2. 鍋にAを全て加えて沸騰させます。沸騰したら、味を見て醤油や水でお好みの味に調整します。
  3. 切っておいた白菜と豚肉を重ねたものを、鍋のふちに沿って敷き詰めます。鍋の中央付近に白菜の芯の部分を敷き詰めると、火の通りも見栄えも良いと思います。
  4. 蓋をして中火で15分程度煮込みます。火が通ったら出来あがり!


作っている工程の写真を撮り忘れていたので、食べてる途中の汚い写真です。ごめんなさい…。
f:id:lunasaurus:20131105214030j:plain

〆は、うどんや蕎麦、ラーメンを入れても美味しいですし、ご飯とチーズをいれてリゾットにしても美味しいですよ。我が家の本日の〆はうどんでした。
豚にはビタミンB1が多く含まれているので疲労回復にも繋がりますし、余ったカレーも消費出来て一石二鳥です。カレーが余っているご家庭は是非、お試しあれ~。


け、結局「カレー鍋じゃないか」ってツッコミ心の中でお願いします。ジャンピング土下座!

節約の旅「セツヤクエスト」に参加中!!

まいにち うまい!  The鍋レシピ (SEIBIDO MOOK)

まいにち うまい! The鍋レシピ (SEIBIDO MOOK)

作る人はラクで、食べる人は大喜び そうだ、今日も鍋にしよう! (講談社のお料理BOOK)

作る人はラクで、食べる人は大喜び そうだ、今日も鍋にしよう! (講談社のお料理BOOK)