読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

今更だけど、読書の仕方を改めてみようと思う。

昨日買ったマイブックは、日記としても使うつもりなのだけど、本当は読んだ本で気になった箇所や好きな部分を抜き出して、それに対する自分の感想なんかを書いてみたかったのです

昔から本を読むのは好きでしたが、実は読書感想文が大の苦手でした
f:id:lunasaurus:20140122155120j:plain
小学生の頃、読書感想文を月1ペースで提出しなければいけなかったのが、私にとっては非常に苦痛でした。
なので、「私が読んだ本の感想を何故他人(教師やクラスメイト)に晒さねばならぬのだ。」という非常に捻くれた考えを持っていました。(あと書くのが面倒だったというのも勿論あります)


でも最近、今更になって気付いた事があって、自分が今までに読んできた本のタイトルは思い出せるのに、その本の内容を思い出すことがほとんど出来ないということに気付いたんですよね。
そう考えると、今までの自分は「本を読み切る事」だけを目的としていて、本の中身なんて全く気にしていなかったのだなーと思ったんです。
折角読んだのに、それが自分の中に蓄積されていかないのは勿体無い話ですし、それに気付いた今、少し「本の読み方」を自分なりに変えてみようと思いました。

そこで、マイブックを使おうと思い立ったわけです。

自分が感じた事や思った事って、後になって思い出そうとするのは非常に難しい。その感じた瞬間に書き留めておかなければ、フッと消え去ってしまって残像しか残らないんですよね。
フレッシュなままに摘み取ってやるのが一番面白いし、それこそが自分の率直な感想だと思うので、最初に感じた事を自分の素直な気持ちを大切に取っておいて、後で読み返すのも悪くはないなーと。
恐らく読み返した際には、「こんなこと考えてたのか自分…」と恥ずかしくなる事間違いなしですが。


マイブックは文庫本サイズなので、そんなに大きいものではありません。読む本のページの多さに比例して、引用したくなる箇所は増えるはずです。
ですから、私は細々と小さな文字を並べることにしました。個人的にも小さい文字を書く方が好きなんです。(文字サイズが大きくなるにつれて読むに堪えない汚さに変化してしまうのです)
f:id:lunasaurus:20140122155321j:plain
小さい文字を書くには細いペンが必要です。部屋の机を探っていると、懐かしい無印良品のペン/0.38mmを3本発見しました。中学か高校生の時に使用していたものです。

本当はパイロットのハイテック0.3mmがあったらいいなーと思っていたのですが、残念ながら見当たりませんでした。
パイロット ハイテクC・0.3・クロ P-LH-20C3-B
私が小学生の時に、流行っていたハイテック様。

サンエックス リラックマ ハイテックCコレト 3C PP13501
今は数本の色のインクを1本に一纏めできるみたいですが、私は昔の様に1本1本違う色を使う方が好きです。

悲しいことに手持ちの無印のペンは、水色/黄緑/緑色と全く可愛げに欠ける色合いだったので、見栄えにはあまり満足していませんが、
f:id:lunasaurus:20140122163109j:plain

f:id:lunasaurus:20140116234148g:plain引用元のページ
f:id:lunasaurus:20140116234148g:plain誰の発言/考えなのか
f:id:lunasaurus:20140116234148g:plain引用したい文章
f:id:lunasaurus:20140116234148g:plain引用部分に対する、自分の感想/考えなど一言(もしあれば)

以上の4点をマイブックに書き込むことにしました。

今まで本を読み終わった後は、ただ「読んだ」という事実しか残らなかったのですが、読みながら自分の思考と照らし合わせることによって、より一層「読んだなぁ~」という満足感を得る事ができました。

暫らくはこの読書法を続けてみようと思います。



マイブック: 2014年の記録 (新潮文庫 ん 70-16)

マイブック: 2014年の記録 (新潮文庫 ん 70-16)