読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

2年と7ヶ月付き合った彼氏との別れ方

日常 恋愛 考える

http://www.flickr.com/photos/77138929@N00/8555630602
photo by Ryan Smith Photography

彼氏・彼女の関係

付き合ってからこんなに歳月が経っていたのかー…と自分でしみじみ感じるのですが、この度このブログにもネタとして再三登場していた西野さんと1月の半ばあたりで彼氏・彼女の関係を解消しました。

私の両親は結婚してから昨年で25周年(銀婚式というやつですね)を迎え、世間一般に結婚をされてる方は、私が西野さんと共に過ごした時間以上の長さを互いに共有されているわけで、「2年7ヶ月なんてまだまだだな。」なんて思われるやもしれません。


ただ、私も西野さんもお互いに、ここまで長い間お付き合いが続いたことが無かったので、私たちとしては「おお、こんなに長く付き合っていたのか。」と関心する出来事だったのです。
付き合った期間が長いからいいとか、短いからダメとか、そういうのじゃなくて、私は「家族以外でこんなに長い時間を過ごしても苦痛にならない相手がこの世に存在するんだなー」と彼との付き合いの中で新たな発見をすることができたのが一番の収穫だったと思います。

私は友達同士で2・3泊の旅行に行ったり、元彼の家で1ヶ月過ごしたり、一緒に旅行へ出かけたり……そういった時に、「一人になりたい」という思いが結構頻繁に湧いてきて、長時間と一緒に過ごすのが苦痛に感じる時があります。
別に友達が嫌いとか、元彼が嫌いだったとかではなく、楽しいのだけれど長時間一緒にいることに少し疲れてしまうのですね。

別れたいと思った理由

そんな私が、出会って10分足らずで連絡先を交換し、飲みに行く約束を取り付けた相手と2ヶ月の友達期間を経て付き合い始め、すぐさま同棲生活を開始し2年間の同棲生活を続け、結果として2年7ヵ月付き合った事を考えると、自分でも結構驚きなわけです。
些細なことで数えきれないほどの喧嘩もしましたし、楽しいことも良いことも悪いこともありました。

順調なのかよく分からない付き合いを続ける中、私が将来見据える方向性と西野さんの進みたい道の方向がやはり違うかなーと、私の燻ぶっていた想いが自ら別れを切り出す決定打となりました。

別れを切り出した一番の理由としては、私が将来的に再び海外へ行く事を予定しているということ。西野さんには付き合う前の段階から「自分はまた海外に戻る」と宣言していて、彼は「検討はしてみる」との返事をくれたのですが、定職に就いたので結果的に一緒に海外へ行くことが難しい状態に。

二つ目の理由は、彼の事を私が信じることが出来ないという理由から。
二つ目の理由に関しては、嘘を通してのドッキリサプライズはもうこれ以上たくさんだということです。細かいことは割合しますが、何回も小さな嘘から大きな嘘までつかれて、今までにも別れたいと私から言い出した事がありましたが、私も人の子ですから流石に限界があります。
彼から言われることの全てが本当に真実なのか、それを疑心暗鬼することに疲れてしまったというのが本音です。これは彼にもキッチリ伝えました。

上手な別れの切り出し方とは

数学だったら、1つの問題の答えを導きだすのに複数の方法を用いることが出来る場合があります。けれども、基本的に答えは1つです。
恋愛は、いくつでも方法はあるし、自分の導きだした答えが正しいのかどうかなんて、見当がつくものではありません。私が西野さんと別れたことが正しい事だっただったのか、そうではなかったのか。そういうことは随分と後になって分かる要素です。

おまけに、その後に自分が取る選択肢によってもその「結果」というものが変わってきます。簡単にいえば、私が西野さんとは比べ物にならないくらい大嘘をつくような男性と今後お付き合いした場合……「西野さんと別れたのは間違いだったのかな…」という風に思いかねません。
だから、恋愛でどの行為が正しいとか、これは間違ってるというのは非常に難しいことだと思うのです。

「別れる前の準備期間」

私は過去に1度、関係が上手くいっていると思っていた元彼から、ある日突然振られたことがあります。もうそれはそれはショックでたまりませんでした。
今回、私は西野さんに別れを切り出す際に、その元彼と同じ事をしてしまったんですね。突然、電話口で「別れて下さい。お願いします。」の一言を。
「意味がわからない。なんでこんな突然に!」と怒りだす西野さん。とりあえず電話を切って、少し冷静になろうと思い考えてるときに、上記の元彼に振られた時の事を思い出したんですね。

今のパニックになっている西野さんは、あの時の私だと。そりゃ、怒り出すのも無理もない、あの時の私も突然の事に混乱していたのだから。
そう考えると、いきなり「別れて下さい。」と切り出すのは、よくなかったと深く反省しました。

少し時間を置いてから、再び彼に電話をかけ直しました。今までの自分の思い、別れたいと思っている理由をキチンと話しました。
西野さんも少しは落ち着いていたみたいで、私が使えたことに納得はしてくれました。けれど、「今すぐに別れるのはちょっと無理。」とのこと。

それもそうだと思い、私はこう提案しました。

  • 完全に別れるまで、少し距離を置こう。
  • 私の別れたいという気持ちは消えないので、それを覚えておいてほしい。

距離を置くというのは、その加減が難しい。毎日連絡を取り合っていた相手をいきなり切ってしまうのは、寧ろ逆効果になってしまう場合があります。(特に私のような元・ニートの場合)

逆に連絡をとらないことで、相手が自分にとっては不可欠な存在なんだ!という錯覚に陥ってしまいがちなので、適度に連絡を取り合っていました。
少しずつ連絡をとる量を減らしていくと、相手と連絡を取らなくても何とも思わなくなるようになります。私は結構な面倒臭がりなので、大体1週間も経てばLineや電話をしなくても何とも思わないようになりました。

あと、本当に別れたいのなら、その意思を強く持つことも大事だと思いました。今まで別れたいと思っても、全てなあなあになって結局、元鞘に戻ってしまったのは、その意思の弱さからだったのかと思います。
ただ、強い意志を持つのと、意地を張るのは意味合いが違うので注意が必要です。


そんなこんなで距離を置き始めてから1週間が経ち、私から西野さんに連絡をとりました。
「私たち別れてるってことでいいかな?」
フランクに今まで通りな声のトーンで聞きました。

「うん、そうだね。別れたってことで。」
西野さんの回答も非常にフランクでした。


相手と少し距離を置いてお互いに気持を整理出来るような「別れる前の準備期間」なるものがあれば、別れる際に後味が悪くなるのを最小限に抑えれるのかなと、今回の体験を通して思いました。

自分は今まで付き合った彼氏のほとんどと未だFacebook上で「お友達」としての関係を続けているのですが、西野さんはというと、今までの元カノとは喧嘩別れや、後味の悪い別れ方をしているので連絡先は全て消してるみたいです。
ただ今回は、今後も1人の友人として付き合っていこうという結論に達したので、お互いに良い友人関係を築いていけたらなーと思います。

そして見事に、バレンタイン前に(自らの意思で)独り身になったので、今年のバレンタインは美味しいチョコでも貪って過ごそうと思います。

:追記:
独り身(シングル)女性になったといえば、この曲でしょ!というMY一曲。

Single Ladies (Put a Ring On It)

Single Ladies (Put a Ring On It)

  • Beyoncé
  • Pop
  • ¥200




明治 チョコレート効果カカオ86% BOX 68g×5個

明治 チョコレート効果カカオ86% BOX 68g×5個