YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになったりならなかったり。

YESかNOか半分か

初恋の人に会うべきか?会わざるべきか?

http://www.flickr.com/photos/33990680@N07/4373811197
photo by Camdiluv ♥

幼女の恋

何十年の前のことですけれども、私の初恋は確か4歳くらいだったと思います。
好きになった相手は、母の従弟。
彼は母より10歳近く年下だったので、よくある親戚のお兄さんに幼稚園児が恋をしてしまいましたー的なシチュエーションだったと思います。

特に近くに住んでいたというわけでもないので、年に1回、祖父の家で行われるお餅つきで彼に会うのが私の楽しみでした。
肩車をしてもらったりして、常にひっついて回る鬱陶しい幼女だったと思います。

私の記憶の中のお兄さん、爽やかな好青年で少しロン毛でサラサラとした髪をしていて、笑った時の笑顔が最高にカッコイイというものでしたが、時が経つにつれて、彼も仕事が忙しくお餅つきに参加することが難しい年頃になり、随分と長いこと会う機会がありませんでした。

何年と月日が流れて、私が高校生の時にお兄さんが珍しくお餅つきにやってきました。
お兄さんに会っていない期間、片思いですが人に恋したり、映画デートに失敗したり、色々なことがあったので、彼に対しての特別な感情というものを抱いていたわけではありませんが、人生の初恋の人に久しぶりに会えるのですから、それは楽しみでないわけではありません。

噂によると、もう5年ほど同棲している彼女がいるのだとかで、その彼女さんも一緒に祖父の家にやってくるということでした。
彼も30代後半のいい歳をした大人ですし、「彼女」という存在がいても特に驚きはありませんでした。

けれども、久しぶりに初恋の人に会うのかと思うと、当時の私が行っていた「お兄さん」好き好きアピールの度合いを思い出し、会いたいのは会いたいけれども、自分の黒歴史を垣間見るような気がして、少し恥ずかしくもありました。


「お兄さんがやってきたわよ。」という母の言葉に、ドキドキしながら玄関に出迎えに行きました。

長いこと会っていないせいで、最早どんな顔をしていたかも思い出せないレベル。私の初恋の人はどんな風になっているのだろう……?



緊張しながらも玄関に到着し、俯いていた顔をふと上げる。

After: EXILEAKIRA(を更に劣化させた感じ)

f:id:lunasaurus:20140212120728j:plain
http://www.oricon.co.jp/news/67908/full/


そこには30代半ばだと思われる黒髪ロングのきりっとした女性と……昔の面影が吹っ飛ぶくらいに面影が全くないお兄さんの姿が。

そりゃ人ですものね、歳をとったら皺も増えるし、色も黒くなるだろうし…髪の毛も薄くなるだろうし……私自身も成長したから当時よりも身長が高いわけだから、お兄さんの身長がそこまで高くなかったんだなーとか。

恐らく自分の中で色々と記憶を「美化」してしまっていたのだとは思うのだけれども、お兄さんの変貌ぶりはというと…本当に「驚いた」の一言に尽きます。
まだ2、3年に1回のレベルで会っていれば、さほど驚きも少なくて済んだのでしょうけれど、長い期間を経て初恋の人に対面するというのは、
それとなくリスクが伴うという事を、身をもって体験した出来事でありました。



はつ恋

はつ恋