読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

拝啓、愛しの Windows XPさま

f:id:lunasaurus:20140409231355p:plain

「4月9日をもってWindows xpのサポートを終了する。」と、あなたの生みの親であるMicrosoftは声高らかに宣言したわけですが、ここで今再び、私とWindows xpの軌跡を振り返っていきたいと思います。


現代人の自宅に置いてあるPCのOSといったら、Windows7/8、そしてライバル会社であるMacのOSが主流でして、かく言う私も、自宅にあるWindows7搭載のノート型PCで今現在この文章を打っている最中なのでございます。

f:id:lunasaurus:20140409225414j:plain

しかしながら、我が家の書斎にはひっそりと、17インチのデスクトップパソコンが今でも書斎のパソコンデスクに居座っているのです。
そして、そのPCこそが私が10数年もの歳月を共にしたWindows xpを搭載したものなのです。

f:id:lunasaurus:20140409225420j:plain

(大変色あせたステッカーと、本体が少々埃を被っているのには目を瞑って頂きたいです。)

f:id:lunasaurus:20140409225431j:plain

ドキドキしながら、電源のスイッチを入れてみました。
まるで初恋の人の自宅前に来てインターフォンを押す時の心情と重なる不思議なトキメキ。

このロゴが画面に表示されるだけで懐かしい気持ちになるのは、なぜでしょうか。
xpとの10年以上の付き合いという歳月を深く噛み締める瞬間です。

f:id:lunasaurus:20140409225437j:plain

xpといえば、この大草原の壁紙とグリーンと青の「ルナモード」の配色がしっくりきます。

しかしながら、Windows95⇒98⇒xpという道のりを歩んできた、当時12歳の私にとっては、Windows xpの革新的なインターフェイスの変化に、当初は戸惑いを感じておりました。

f:id:lunasaurus:20140409225445j:plain

そう、Windows95や98のような、あのカクカクッとした「クラシックモード」を私は心底愛していたのです。


f:id:lunasaurus:20140409225550j:plain

父のアカウントでパスワードを再設定してから、自分のアカウントに潜り込むと、案の定クラシックモードで好みのパステルカラーに仕上がっているテーマが登場してきました。

f:id:lunasaurus:20140409225514j:plain

やはりカスタマイズされたWindowsのクラシックモードはいつ見ても可愛いのです。乙女心をくすぐります。
そう贔屓めに思うのは、私がかれこれ17年来のWindowsユーザーだからなのかもしれません。
(余談ですが、xpの時からPictBear Second Editionを愛用していたのだなぁと、この画面を眺めながらしみじみ思いました。いつもお世話になっております。)

f:id:lunasaurus:20140409225601j:plain

それにしても、xpの時代は非常に長かった。長かったし、それだけ以前よりも格段に出来る事が以前よりも増えて、快適になりました。


振り返れば、中学生の頃はhtmlをチラチラ眺めつつ、当時流行った2ch系のFlash集をxpで見まくるのが日常でした。
ラピ○タのム○カ大佐しかり、BUMP ○ CHICKENの歌Flashしかり、日本でも大ヒットしたO-ZONEの空耳曲「恋のマイアヒ」なんてのは彼らの母国語であるルーマニア語で全て歌えるまでになりました。


私の通っていた母校は、教室にあるのはMacなのにPCルームはWindowsのみという、なんとも訳が分からない配置になっていたので、Macなんて触った事の無かった私は、その時に初めてApple社のiMacに触れたのです。

f:id:lunasaurus:20140410002851j:plain
http://yutakarlson.blogspot.jp/2011/10/ceo.html

最初は操作方法もよく分からないので、非常に使いにくくイライラが募ってしまい、
「xpじゃないといやだ!」と駄々をこねていた私ですが、暫くするとあることに気がつきました。


そう、

MacのOsakaフォントが読みやすい!

f:id:lunasaurus:20140410004359g:plain

上がOsakaフォントで、下がMS ゴシックです。

f:id:lunasaurus:20140410003704g:plain
僕ぁOsakaが好きだ - LOVESAVER

xpだと、通常のフォントを「MS ゴシック」か「MS P ゴシック」にして遊んでいたのですが、文字を小さくしてしまうと読みにくく潰れてしまうという難点がありました。

しかしながらWindows用に改良されたOsakaフォントをダウンロードすることによって、xpでもOsakaフォントを使用する事が可能だったのです。

f:id:lunasaurus:20140410005407j:plain

勿論、即刻ダウンロードして、フォント指定で「Osakaフォント」を使いまくりました。

あの当時、私のようにちろっとHTMLを囓ったり、Web制作をしていた10代女子の間では、WindowsだけどOsakaフォントを使うのが一種のトレンドのようなものだったきがします。

それくらいWindowsユーザーでOsakaフォントを使ってる女の子が多かったです。(主に素材系サイトの運営だとか、テキスト系サイトを運営している子たち)


そんな具合で、折角xpから新しくなったインターフェイスは昔のバージョンに戻すわ、Mac系のフォントをインストールするわで、なかなか滅茶苦茶な扱いをxpさんにしていた私ですが、それはもう愛情の裏返しといいますか、愛し過ぎてそんなことをしてしまっていたのだと今では反省しております。


では、私のxpさんに対する愛情の度合いはどのくらいかと申しますと、

Windows Vistaが登場した数年後に、手持ちであったxp搭載のDynabookが留学先に戻る際に飛行機の荷物棚に乗せてしまったせいで、画面がバキバキになったという事件があったのですが、
そのあとも割れた画面のまま2011年に日本に帰国するまで、そのxp搭載PCを使い続けたというところが私のxpさんに対する愛の賜だと思っております。

f:id:lunasaurus:20140410012608p:plain

xpさん、今まで本当にお世話になりました。大好きですありがとう。

敬具



Windows XP Home 追加ライセンスパックSP2

Windows XP Home 追加ライセンスパックSP2