YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになったりならなかったり。

YESかNOか半分か

国宝内で木魚を叩きまくる日【ミッドナイト念仏in御忌2014】

遅ればせながら先月4月18日(金)に参加したイベント「ミッドナイト念仏in御忌2014」のレポートでも。

きっかけは1つの看板

初めて知恩院を訪れたのは今年3月。その際に気になる看板を発見したのが事の発端。

f:id:lunasaurus:20140502232627j:plain

ミッドナイト念仏in御忌 知恩院: 雪丸の京都散歩

「夜な夜な木魚を叩きながら、念仏を唱えて朝までオールするイベントですって…?」
京都は食べ物も美味しいのに、こんな面白いイベントまであるなんて…なんて卑怯な。

~ミッドナイト念仏in 御忌~
ミッドナイト念仏in 御忌では、夜空に浮かぶ国宝三門楼上にて、4月18日午後8時~翌朝19日午前7時まで法然上人のお徳をしたう別時念仏会をいたします。
受付は随時していますので、どなたでもご都合のよい時間にご参加下さい。

御忌大会 | 総本山知恩院

自分は基本的に無宗教なので神社・仏閣などには余り興味が無い方なのですが、その大々的でPOPなデザインの看板と、ちゃっかり公式Twitterアカウント@0418MNIGやハッシュタグである「#0418MNIG」が作られている点に心が揺さぶられてしまい参加を決意。参加費は完全無料。

個人的に公式アカウントなのに、おちゃらけたりふざけたりしているのを見ると凄くそそられるタイプです。

いざ行かん、ミッドナイト念仏へ

3月から期待に胸を膨らませ、とうとう待ちに待った4月18日がやってきた。

以前に参加された方のTwitterまとめや、参加レポが書かれたブログを読みながら開始時間の20時に向けて準備を開始。

19時半頃、試しに「ミッドナイト念仏」と打ちこみTwitterで検索をかけてみると、
「もう30人ほどが並んでいる。」
と驚きの情報を入手。この時ほどTwitterが便利だと思った時はありません。

急いで会場である知恩院へ向かうと、なんとまあ、メインイベント会場である三門が美しくライトアップされているではありませんか。

f:id:lunasaurus:20140424013841j:plain
非常に神々しい佇まいです。

既に50名程の方々が並んでいて、知恩院・三門楼上に上がる時を今か今かと待ちわびておりましたので、早速その列に並びました。

20時開始と記載されていましたが、実際に楼上への入場が許可されたのは20時30分頃の事でした。

最初の30分は僧侶さんたちによる法要の時間だったようで、写真で見るとまさにCOOLジャパンな世界。

宝冠釈迦牟尼(しゃかむに)仏像や十六羅漢像を目の前に正座し、右手にバチを握りしめ、皆のテンポに合わせながら木魚を叩く。
(本来ならば大きな声でが理想)ボソボソと「南無阿弥陀仏」を唱えながら、ずっと仏像を眺めていました。

老若男女、外国人の方もいらっしゃって非常に不思議な空間でした。上を向けば、極彩色で描かれた美しい天井画が目に入り、ちょっとした異世界に来た気分になれます。
f:id:lunasaurus:20140424013856j:plain
小一時間ほど木魚を叩きながら念仏を唱え、楼上を後にしました。

帰る際には私が並んでいた時以上の長蛇の列が。

「今から入るのに1時間ほどかかるかもしれないですー!」
そんな声も聞こえてきました。USJ/TDLのアトラクション並みの人気です。

f:id:lunasaurus:20140424001714j:plain
iPhoneで撮影した写真なので伝わるかは分かりませんが、個人的に知恩院・三門下にある坂道を夜に歩くのが大好きです。自転車で両足を広げながら坂道を下るのは快感。

f:id:lunasaurus:20140424013832j:plain
ふと振り返って知恩院・三門を眺めてみる。是非とも来年は朝の6時代から参戦して、その終焉を見届けたいなと思いました。

国宝の中に無料で入れる機会というのもなかなか無いものなので、今回は貴重な体験でした。
ちなみに、私のように高所恐怖症の方には楼上に上がるまでに"難所"が待ち構えておりますので、是非とも頑張って頂きたいと思います。

f:id:lunasaurus:20140424013558j:plain
帰りがけに天下一品のこってりラーメンを食してから帰宅しました。どちらかといえば私はこちらの目的の方が強かったかもしれません。


関連リンク



週刊古寺をゆく 23(知恩院)

週刊古寺をゆく 23(知恩院)