読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

そんな、父が嫌いだった。

http://www.flickr.com/photos/72346386@N00/446795534
photo by Billie Hara


ふとした瞬間に鼻の穴を自身の指でほじる。
そんな、父が嫌いだった。


家族の前では勿論、親戚が集まっている前でも平気な顔をして大きな音のオナラを出す。
そんな、父が恥ずかしかった。


家族で食事をしている途中で、ゲップをすることもしょっちゅうだ。
そんな、父と食事を共にしたくなくなった。


煙草を吸ってもいないのに、痰がからまるので道端に吐き出す。
そんな、父は下品だと思った。


お酒を飲むと気分が高揚し、上機嫌で訳のわからない事を話しかけてくる。
そんな、父をうっとおしいと思った。


歳を追うごとに、増していく加齢臭。
そんな、父には近寄らなくなった。


「父と同じような事をする人とは結婚したくない。」
幼稚園の頃は、手を繋ぎながら共に妹の生誕を喜び合い、小学校に入学した当初は、大泣きをし嗚咽を絶やさない私を送り届けるのが父の役目だったのに。

そんな、父を今は嫌っている。


今日たまたま入った雑貨屋で「父の日コーナー」が設けられているのを発見し、なんとなくそれを眺めていた時のこと。

自分がふと手にしたのは、サーモマグ

THERMOS 真空断熱タンブラー 320ml ステンレス JDA-320 S

THERMOS 真空断熱タンブラー 320ml ステンレス JDA-320 S


注いだ飲み物の温度を保ち、結露が出来るのを防ぐ。酒飲みからすれば魔法のようなありがたい容器だ。

「焼酎飲む人だったら喜ぶと思うよ。」

そう言われて、焼酎好きな父を真っ先に思い浮かべた。
彼の夜のお供は安くて経済的な「いいちこ」


決して高い買い物でもないけれど、丁度給料日の数日後が「父の日」なので、サーモマグと少しは上等な焼酎をプレゼントするのも悪くは無いと思った。


「父の日」に何かをするのなんて小学生の頃以来だろうか。


「私、洋服の買い物はいつもお父さんと行くのー!」
そう言っていた、父娘間が非常に良かった友人は今年めでたく結婚した。

サーモマグとちょっと高めの焼酎を贈ることが、今の私に出来る精一杯なのかもしれない。


いいちこ 麦焼酎 25度 1800mlパック×6本

いいちこ 麦焼酎 25度 1800mlパック×6本