読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになって何かいろいろ書いてます

YESかNOか半分か

「PARASOPHIA」で現代アートに触れてきた。

もう1ヶ月以上も前の話になりますが、5月に京都の観光名所として言わずと知れた、平安神宮の隣にある京都市美術館にて開催されていた「PARASOPHIA」の展示作品を鑑賞してきました。

「PARASOPHIA」とは

f:id:lunasaurus:20150411111545j:plain

国際交流と文化の集積地・京都を舞台に世界の第一線で活躍するウィリアム・ケントリッジ、 サイモン・フジワラ、アリン・ルンジャーン、ヤン・ヴォー、田中功起など作家36組が参加するPARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015。
主な会場は、京都市美術館と京都府京都文化博物館。歴史ある建物の全館が現代芸術で埋め尽くされるという今までにない空間が展開されます。
【開催期間】
2015年3月7日(土)–5月10日(日)

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭

パラソフィア2015ヘルプまとめ(チケット・見つけづらい会場・おすすめ連携展示) - NAVER まとめ

f:id:lunasaurus:20150403112630j:plain

京都市美術館の入り口に設置されているオシャレなオブジェ。
ただのオブジェかと思いきや、実は裏側がチケットブースになっていて売り子のお姉さんが中にいらっしゃいました。

f:id:lunasaurus:20150403112646j:plain

このオブジェの製作者は名和晃平さんという京都在住の現代美術家の手によってデザイン、製作されたものだそうです。とてもオシャレ。

f:id:lunasaurus:20150403112704j:plain

チケットとパンフレットのデザインも素敵。
他会場でチケットを提示するだけで入場も出来たようなのですが、時間と都合の関係上今回は京都市美術館のみ見てまわりました。


一部の展示を除いては写真撮影OKだったので、バシバシ写真を撮らせて頂きました。
美術館って普通は写真撮影不可ですから、こういう自由に撮影させてもらえるのは現代美術のありがたいところです。

以下、私が気に入ったお二人のアーティストさんの作品をご紹介します。

《カフェ・リトル・ボーイ》2002/2015

f:id:lunasaurus:20150403112716j:plain
f:id:lunasaurus:20150403112729j:plain

ジャン=リュック・ヴィルムート
(Jean-Luc Vilmouth)

1952年フランス・クレウツヴァルド生まれ、パリを拠点に活動
この作品の原型は2002年に開催された「ヒロシマ・アート・ドキュメント2002」(広島)で発表され、のちにポンピドゥー・センター(フランス・パリ)のコレクションとなる。いま同館で開催中の「歴史:1980年代から今日までのアート、建築、デザイン」(2014−16)でも公開されている。この作品は、原爆投下で大きな被害を受けた広島市立袋町小学校西校舎外壁に残された被爆者への伝言から着想された作品である。
http://www.jeanlucvilmouth.com

ジャン=リュック・ヴィルムート | PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭

来場者もチョークで黒板にメッセージなどを書き込むことが出来たので、自分自身も作品の一部になれるというのが魅力に感じました。
展示スペースに一歩足を踏み入れると独特の空間が広がっていて、とても引き込まれました。
来場者の方々が描かれたメッセージやイラストなどをじっくり見るのも面白かったです。

《素晴らしき美術史》2005–15

グシュタヴォ・シュペリジョン
(Gustavo Speridião)

1978年ブラジル・リオデジャネイロ生まれ、同市を拠点に活動。
『LIFE』誌上で活躍した100人以上の写真家たちが切り取る20世紀の象徴となった歴史的一場面や誰もが知る有名な写真を、一目でわかるブラックジョークや複雑な読み込みを可能にする落書きによって変換させ、別の「素晴らしき」美術史というフィクションを積み上げる。
PARASOPHIAでの展示が、アジアで初めての発表の機会となる。

【KAMA・STRA】

f:id:lunasaurus:20150403112835j:plain

グシュタヴォ・シュペリジョン氏の展示エリアに足を踏み入れて、一番最初に私の目に入ったのが、1枚目の写真【KAMA STRA】。
コレがもう私の好みどストライクな表現で、完全にこの作品を目にしたその瞬間にグシュタヴォ氏のブラックな感性に引き込まれてしまいました。
以下、自分のお気に入りの作品です。

【Classic】

f:id:lunasaurus:20150403112846j:plain

【ACADEMY】

f:id:lunasaurus:20150403112857j:plain

【The X-MEN】

f:id:lunasaurus:20150403112907j:plain

【KATSUSHIKA HOKUSAI】

f:id:lunasaurus:20150403112917j:plain

【APPLE STORE】

f:id:lunasaurus:20150403112930j:plain

【NiRVANA】

f:id:lunasaurus:20150403112946j:plain

% ARABICAのバリスタコーヒーで優雅な気分に浸る

一通り展示を見終えると、突如としてオシャレなスタンドが目に入った。
f:id:lunasaurus:20150403112749j:plain

なんでも昨年の9月にオープンした%ARABICA Kyotoの出張店舗らしい。
%ARABICA Kyoto

f:id:lunasaurus:20150403112759j:plain
♡のラテアートも可愛らしい。お味も大変美味しかったです。

世界に通用する日本発のコーヒーブランドを創りたい」という想いから、京都の東山にフラッグシップストア「% Arabica 京都」をオープン。目と舌の肥えたコスモポリタン(国際人)に刺さるような世界最高峰のコーヒーとカルチャーを発信して行く。

コーヒーショップ「アラビカ」日本初店舗が京都東山にオープン! - macaroni

f:id:lunasaurus:20150403112739j:plain
スタンド周りもデザインへのこだわりが伺えました。祇園にある店舗もきっとお洒落に違いない。

f:id:lunasaurus:20150403112812j:plain
ARABICAのスタンドの反対側には軽食なども楽しめるワインバーもありましたが、私が訪れた際は営業されていなかったのが残念でなりません…。


f:id:lunasaurus:20150403112823j:plain
初めて訪れた、京都市美術館。
建物内の独特の雰囲気や、歴史を感じさせる造りがとても素敵で落ち着いたひと時を過ごすことが出来ました。

f:id:lunasaurus:20150403113033j:plain
建物自体がアート!という感じなので、美術館の中を歩いて見て回るだけでも十分に楽しいです。

f:id:lunasaurus:20150403113046j:plain
また機会があれば是非訪れたい京都市美術館。
そして「PARASOPHIA」も次回開催に期待です!