YESかNOか半分か

元ニートが、再びニートになったりならなかったり。

YESかNOか半分か

初めてのサマソニ大阪2015 1日目感想 Part①:Smallpools 〜 The Script編

初めての夏フェス参戦は、ぼっち参戦。
けれども非常に充実した楽しいひと時を過ごすことが出来た、サマーソニック大阪。


見たいアーティストが多過ぎたけど、前回のエントリーでリストアップしたアーティストたちの8割くらいはカバーすることが出来たとは思う。

ダラダラと書いていたら長くなってしまったので、前編/後編に分けて書きます。

Opening Act -『SMALLPOOLS』@SONIC STAGE

初めてのサマソニは、クーラーが効いて、非常に涼しく過ごしやすいSONIC STAGEにて『SMALLPOOLS』の「Over & Over」でスタート。

Over & Over

Over & Over

  • Smallpools
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1発目だったからかもしれないけれど、音の1つ1つが心の臓にズンズンと響いて、自分の体全体で彼らの音楽を感じることが出来て、凄く気持ちよかった。

「Killer Whales」の演奏の際は、大きなシャチの浮き輪が観客に向かって放り投げられ、皆でトスしまくるという演出もあって面白かった。

Killer Whales

Killer Whales

  • Smallpools
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

〆は、やはり「Dreaming」で場内は大盛り上がり。

Dreaming

Dreaming

  • Smallpools
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

彼らは今回が初来日だったそうで、ドラマーのBeau Kutherが日の丸のハチマキをしていたのが微笑ましかった。曲がキャッチーで個人的にはとても好きなバンド。


『NICO & VINZ』@OCEAN STAGE

SMALLPOOLSの演奏を堪能した後は、そのままSONIC STAGEで涼んでからOCEAN STAGEへ。観客もなかなかの多さ、そして燦々と照る太陽に汗が止めどなく流れる。

Am I Wrong

Am I Wrong

  • Nico & Vinz
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
In Your Arms

In Your Arms

  • Nico & Vinz
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
「Am I Wrong」と「In Your Arms」、定番処のこの2曲はやっぱり素敵。生で聴きながら踊るのは楽しかった。

That's How You Know (feat. Kid Ink & Bebe Rexha)

That's How You Know (feat. Kid Ink & Bebe Rexha)

  • Nico & Vinz
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
最新曲の「That's How You Know」も披露した彼ら。途中、NICOとVINZ、二人のダンスバトルという余興もあって、楽しいアクトだった。

『SHEPPARD』@SONIC STAGE

基本的にSONIC STAGEとOCEAN STAGEの行き来をひたすら繰り返していた気がする。

タイムテーブル上、SHEPPARDとMAGIC!の演奏が途中から被っていたので、立ち回りをどうしようかとギリギリまで悩んでいた。

ただ、夏フェス未経験の私でも、ここまでの流れで「トップソングはラストにもってくる」という傾向があるということが分かったので、SHEPPARDを最後まで楽しんでからOCEAN STAGEにダッシュで向かうことにした。

SHEPPARDの「Geronimo」を聞き逃すなんて絶対に嫌だったから。

Geronimo

Geronimo

  • Sheppard
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

読み通り、ラストは「Geronimo」で最高の盛り上がりだった。
そして、「折角サマソニへ来たのだから、アーティストグッズを買おう!」と思い、SHEPPARDの「Say Geronimo」Tシャツを購入して満足満足。

オセアニアを感じさせる、独特のOZサウンドを聴けて、とてもNZが懐かしくなった。

そして、生で聴くAmyとGeorgeのハモりが半端なく凄くて感動。「Geronimo」なんて、LIVE音源欲しくなるくらい美しくて、「ああ、これがライブでしか味わえないものなのか……」と納得してしまうくらい素晴らしかった。


『MAGIC!』@OCEAN STAGE

SHEPPARDを見終わってから、急いでOCEAN STAGEへ向かうと、MAGIC!のフロントマンであるNasri氏は半裸状態だった。

Rude

Rude

  • MAGIC!
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
#SundayFunday

#SundayFunday

  • MAGIC!
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

とりあえず、新曲「#SundayFunday」と「Rude」の2曲には間に合ったので良かった。


『THE SCRIPT』@OCEAN STAGE

MAGIC!からThe Scriptまで少し空き時間があったものの、正直、最初のSMALLPOOLSで全体力を使い果たした感があったので、SONIC STAGEの女性用パウダールームで休憩を取った。

なので、The Scriptは途中の「Breakeven」から参戦。

それにしても、 Voのダニエルがなんとまあ、パワフルなことか!
カメラマンのカメラを奪うわ、セキュリティーに囲われながら観客の方に飛び込むわのハチャメチャっぷりで、文字通り観客全員を“エンターテイン”してくれました。

観客にスマホのライトを点けるよう促したり(夕方だったらいい感じだっただろうな)、全員が一体になった感じがするパフォーマンスが面白かった。

Superheroes

Superheroes

  • The Script
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes


The Scriptが終わった時点で16時前くらいだったと思うけど、この時点でかなりヘトヘトになっていた。

サマソニ始まって数時間で、熱中症で運ばれている人もいたし、本当に水分補給と塩飴で凌いだこの1日。

ZEDD先生のクロージングアクトまで、まだまだ続く。